ダイエット 食事・サプリメント

山澤礼明 ケトジェニックダイエット!ケト中の食事を公開します

ケトジェニックダイエット時の食事を持った山澤礼明の写真ダイエット

今回は筋トレYouTuber社長の山澤礼明のケトジェニックダイエット飯をご紹介します。

ケトジェニックダイエット時の食事を持った山澤礼明の写真

ケトジェニックダイエットとは

ケトジェニックダイエットとは十分な量のタンパク質と脂質を摂取し、炭水化物を限りなく避けるダイエット法です。通常、炭水化物を摂取すると、体内でブドウ糖に合成され、全身の細胞に運ばれて消費されます。しかし、炭水化物をほとんど含まない脂肪分が豊富な食事を摂ると肝臓はケトン体を生成します。ケトン体は全身に運ばれ、ブドウ糖に代わるエネルギー源として消費されます。これにより、筋肉の分解を防ぎつつグリコーゲンの枯渇による脂肪燃焼効果が期待できます。

豚肉は食べちゃダメ?

豚肉には、ビタミンB群をはじめとし、ビタミンC鉄分亜鉛など多くの栄養素が含まれています。また、100gあたりの炭水化物は0.1〜0.2g、タンパク質は20g前後なので、豚肉はケトジェニックダイエット中でも摂取したい食材の一つです

山澤礼明
山澤礼明

僕は豚肉の栄養素の中でもビタミンB6に注目しているよ!
ビタミンB6は、アミノ酸の代謝を助けてくれたり、免疫機能を高めてくれる栄養素なんだ!

牛肉は食べちゃダメ?

牛肉(特に赤身)には、必須アミノ酸の一つであるトリプトファンカルニチンビタミンなど多くの栄養素が含まれています。牛肉も100gあたりの炭水化物が1g以下なので、豚肉と同じく牛肉もケトジェニックダイエット中に摂取したい食材の一つです

幸せホルモンと呼ばれるセロトニントリプトファンから合成されます。セロトニンは運動をすることでも分泌されますので、牛肉を食べたり、EAAを摂取して運動することでやる気や幸福感の上昇につながります。

山澤礼明
山澤礼明

赤身にはクレアチンも多く含まれていて、トレーニングのパフォーマンス向上に役立っているよ!

卵は食べちゃダメ?

卵は完全栄養食と言われるほど多くの栄養素(ビタミンB群やビタミンD、鉄、ミネラル類など)が含まれています。卵1個あたりの炭水化物は1g以下なのでケトジェニックダイエット中に摂取したい食材の一つです

山澤礼明
山澤礼明

卵は生で食べるとタンパク質の吸収効率が悪いので、火を通して食べるのがおすすめだよ!

ケトジェニック飯まとめ

豚肉牛肉は低糖質かつ栄養価の高く、ケトジェニック飯に最適!

・ビタミンB6は、アミノ酸の代謝を助けてくれたり、免疫機能を高めてくれる!

・赤身に含まれるクレアチンは、トレーニングのパフォーマンス向上させる!

・卵は火を通して食べた方が吸収効率が良い!

MYPROTEIN マイプロテイン 筋トレYouTuber山澤礼明 購入はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました